あらゆる要求に応えるフレキシブルな一貫生産体制

一貫生産体制、アルミ加工技術の蓄積、高い技術を持った人材

アルザックでは、バスの窓枠、住宅建材、橋梁の高欄などの製造から始まり、アルミ加工に対する豊富な経験と確かな技術を培ってきました。中でも、住宅分野は寸法精度と納期が非常に厳しく、その要求に応え続けることで技術力はさらに向上。現在の鉄道車両部品製造へとつながり、短納期・高品質を実現する加工技術が厚い信頼を得ています。
アルザックの高い評価を支えるのが、全工程を自社で担う一貫生産体制。工程の組み替えが容易なため、多品種少量のオーダーメイド製品にもフレキシブルに対応し、また、加工の全てを自社管理することでスピーディーで効率的な生産と品質の維持を可能にしています。あらゆる要求に応え、短納期・高品質を支える一貫生産体制。それがアルザックの強みです。

技術を伝え、未来へ。

アルザックが目指すのは、人と技術の融合が生むフレキシブルな一貫生産体制。「技術1・応用9」。工程の多くをあえて機械化せず、人の手を使って生産するのも、製品によって加工の手順や手段を柔軟に変え、多品種少量生産に対応するためです。そうした生産現場に必要な「アルミ加工のスペシャリスト」を育成するため、アルザックは、熟練工から若手へと技術の継承を進めています。育てていきたいのは、全工程の技術を高いレベルで身につけた「現代の多能工」。アルザックが誇るアルミ加工技術を手から手へ受け継ぎ、未来を創造していきます。

加工工程

材料調達・販売

アルミの専門家として独自の調達ルートを持ち、材料販売を行っています。長年の経験を活かし、顧客が求めるアルミ部品に最適な材料提案も行います。

切断

切断機を駆使し、どんな角度の要求も0.1mm単位の精度で切断します。

切削

マシニングセンタによる切削加工。お客様の多種多様な要求に対応し、製品ごとに異なる形状を高精度に仕上げます。

穴開け

ボール盤を使用しての穴開け加工。技術者が蓄積してきたノウハウを発揮し、正確なピッチで丁寧に加工します。

曲げ

小ロット製品の曲げ加工では、専用の治具を製作し、手曲げで対応することでコストの削減を目指します。

溶接

タングステン電極を使用したTIG溶接を導入。TIG溶接は、滑らかで光沢のあるビート(溶接跡)が特徴で、外見が美しく高品質な溶接結果が得られます。

研磨

アルミ特有の表面処理を行う上で、部材の表面を均一に整える研磨は欠かせない技術。自社開発の研磨装置で高品質・短納期の製品製造を実現しています。

表面処理

表面に約10ミクロンのアルマイト被膜を作ります。自社で保有する6.5mの大型処理施設により、スピーディーかつ低コストの表面処理を可能にしています。

検査・出荷

高水準の検査基準を独自に設け、寸法やゆがみ、キズの有無などをチェック。検査をクリアした完成品は、速やかに出荷し、お客様のもとへお届けします。